なぜ優しいタッチなのか

弱いと効果ないんじゃない?

まだまだ固定概念の中に

マッサージは

揉むもの

押すもの

引っ張るもの

痛いところは筋肉を

ももほぐせ!!

骨が歪んでるなら

骨にアプローチだ!!

 

みたいな・・・

 

痛くないと効果が出ない

強くされてないと

やられてる感じがしない

とかね。

 

こういうのあると思います

 

実際私もそうでしたし

 

それはそれで

好きならいいと思うのですが

 

今回はなぜ私は

力を入れた施術をしないのか?

をお伝えしていこうと思います

 

 

 

筋肉が硬いって?

 

筋肉に負荷がかかっている時

筋膜に覆われてる筋肉は

機能が悪くなると大きく太くなり

筋膜の中でパンパンに膨れ上がってるイメージ

筋膜の中でパンパンになってるから

外側から押したら硬い

さらに硬くねじれているので

筋肉本来のポンプ機能は弱い

 

 

これが

  • 肩が痛い
  • 背中が痛い
  • 足がだるい
  • 疲れが取れない

他にもたくさんありますが

これって筋肉が硬くなって

うまく機能しないから起こることの一例

 

 

今までだと

筋肉をもんで柔らかくすればいい

だったと思うのですが・・・

それは筋肉に外側から刺激を加えて

・・・

 

 

 

実際今までどうでしょうか?

揉みほぐしてもらって

気持ちよくなって体はポカポカ

していても

肩や筋肉柔らかくなってる感じって

ありましたか?

 

 

私は感じたことはなかったですね

 

 

さとう式に出会うまでは。

 

 

私の取り入れているさとう式は

3つの大原則

  • 押さない
  • 揉まない
  • 引っ張らない

これ鉄則です。

 

これに乗っとて施術は

行われていくわけです

筋肉を傷つけることなく

緩められちゃう

 

よく施術の時に

 

 

 

 

 

 

寝っ転がって肩や首を触ってもらって

硬さを確認するんです

(写真はイメージです)

施術前に確認してもらってるので

大半の方は気付いてくれます

 

だってやったその場で

ふわふわになった筋肉が

触れてしまうのだから♡

 

施術だと時間にして2分くらいです

この時間で口腔内を広げることで

首や肩の筋肉は

ふわふわに♪

 

そしてまたそこを強く揉むと

ふわふわだった筋肉は

カチーンと硬くなるのです

 

本当面白いですよこの体験!!

 

すごーく優しくやれば

それだけ変化を感じやすいのです

 

 

優しくやるからこそ

間質リンパが染み出す

そして筋肉が柔らかくなり

間質リンパの循環が

筋肉のポンプ機能向上により

全身を回りやすくなる

間質リンパがうまく巡れば

デトックスにもつながる

 

それが定期的に出来てくると

美容面では

  • 小顔になったり
  • 肌に張りツヤが出たり
  • 肌が1トーン明るくなったり
  • スタイルアップしたり♡

 

健康面でいうと

  • 疲れにくい体になってきたり
  • 姿勢改善
  • 肩こり
  • 腰痛
  • むくみ

などが緩和

 

優しいタッチは綺麗にもなるし

健康増進にも繋がっる♪

 

 

だから私のやっている

小顔リフトアップや体のケアは

小顔を歌っているが

実は健康増進法の一つなんです

 

 

 

 

 

 

 

この間きてくださった

きいちゃんもこの通り♪

 

 

 

 

 

 

 

 

何より体が楽になったと

言ってもらえてさらには綺麗に♡

 

タッチが優しくて

こんなにも見た目も

体感も変化を感じていただけるのなら

それ以上のことはないと思ってます

 

ゆるゆる ふわふわー

なのにはきちんと

理由があったわけです!

 

 

そんなわけで

10月末日まで

お得なクーポンプレゼント中!!

 

友だち追加

よかったらお友達になってください!

ご予約もこちらから↑承っております!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です